とあるキャンプ飯の撮影風景

更新日:

「ぱしゃり」

今日はパクぽりっの姉妹店で取り扱っている食品の撮影でした。
最近オープンしたこの姉妹店では「キャンプ飯」を展開しています。

基本的には本社のある鹿児島のデザインチームに撮影をお願いしているのですが、この新店舗では様々なシチュエーションで撮ることが多いため、場所や設備などある程度融通が利く東京で撮影をしています。



今回は、レトルトのイワシを使ったアレンジ料理を撮っていきます。



調理方法をざっくりと紹介しますね。


まずは、 パンにマヨネーズをぶちゅーっとかけて、その上にほぐしたイワシをのせていきます。


半分に切ったプチトマトをちょんちょんと配置。


スキレットでジュワっと焼きつつ、チーズをパラパラとのせる。


最後にバーナーで焼き目がつくまで炙れば・・・


完成。

簡単ですね。


キレイに盛り付けて撮影。


こんな感じです。


撮影後、みんなでペロリと完食。



室内の撮影は光量が少ないから難しい・・・しかも、料理しているところを撮影しているので、チャンスが一瞬しかなく常に集中していないといけません。

ちなみに、今回使ったカメラはニコンのD90でレンズは単焦点。

モードはF値をコントロールしたいので絞り優先。

自然な色味を出すためにホワイトバランスはオート。

どうしても光量が足りない時はISO感度を400まで上げました。



たまに、外ロケに出掛けることも。

今は寒い時期なので、手がかじかんでシャッターボタンを押す手が震えます。


一通り撮影が終わった後は、休憩がてらパクぽりっの枝付きレーズンを食べながらまったり。

口の中がジューシーになったところで撤収作業。

その日の天気によって変わる光の色や強さ。

自然とカメラと自分と、常に色々なものと向き合い、ときには格闘しながらの撮影。

食品の良さが伝わるように日々勉強です。

もっともっと、がんばらないと。



Copyright© パクぽりっ , 2021 All Rights Reserved.